トップ > 旅の始まり展 at 双ギャラリー
  

旅の始まり展 at 双ギャラリー

開催期間2019年5月15日(水)~2019年5月26日(日)
休館月・火曜日
時間13:00〜18:00 (日曜日は17:00まで)
会場双ギャラリー
ホームページhttps://www.soh-gallery.com
住所東京都小金井市緑町2--14-35
お問い合わせ先E-mail soh-g@soh-gallery.com  Tel. 042-382-5338
松本春崇
松本春崇
松本春崇
松本春崇
家縛りプロジェクトは、アーティストの松本春崇がコンセプトを立ち上げてスタートしたアートプロジェクトです。家を縄で、その家族や友人たちと一緒に十字に縛り、その記憶や痕跡を残す新しい縄文芸術です。

2010年「縄文にはじまる縄の痕跡を用いて現代の縄文芸術を制作する」ことをコンセプトに松本春崇がスタート。制作した縄で家や空間をプレゼントにリボンをかけるように十字に縛り、蝶々結びで結び記録を残します。縛るのはその家の家族や友人、その建物に関係する人々(家族的集団)を中心に集まった人たちと一緒に知恵と力を合わせておこないます。
 その結果、家や空間を縛り結んだ縄には、家族を中心とした参加者がよいと思う形(美感、価値観)が現れるので、記録写真や映像はその家の家庭の美学が現れた縄の痕跡となります。同時に参加者の心や記憶にも縄の痕跡が残ります。これらの縄の痕跡を現代の縄文芸術と考えています。現在まで国内外で42軒をおこなっています。

今回は、縄の聖地ともいえる信州の各地を訪れて家縛りをおこなう他、現地の人たちと縄について話し合ったり、作品を制作します。
 東京から縄文遺跡に沿って「縄の聖地」と位置づけた諏訪周辺へ、その道筋で家縛りをしながら縄の記憶と痕跡を作る旅をおこないます。日本の縄文化を現代的な芸術表現として継承し、多様な文化を繋ぎ結んで日本人が大切にしてきた共存の精神を作品に込めて世界へ発信したいと考えています。
 この旅により、人にとって縄とは何か、そして縄芸術、文化について考察していきたいと考えます。

双ギャラリーは、今回の家縛りのスタート地点となります。5月12日にスタートした家縛りは、相模原を経由し、長野へ向かっていきます。

制作者は地元の参加者と、hmp(harutaka matsumoto plus。松本春崇と元編集者の角田良江によるグループ名。家縛りプロジェクトや縄作りワークショップなどを実施する。)となります。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.