トップ > ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション 2019冬の企画展 凹凸に降る
  

ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション 2019冬の企画展 凹凸に降る

開催期間2019年10月5日(土)~2019年12月22日(日)
休館月曜日(祝日は翌日火曜日)
時間11:00~17:00(最終入館16:30)
会場ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
ホームページhttps://www.yamasa.com/musee/
住所東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7
お問い合わせ先E-mail musee@yamasa.com  Tel. 0336650257
「ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション 2019冬の企画展 凹凸に降る」
小野耕石、滝澤徹也、中谷ミチコ、浜口陽三 
2019年10月5日(土)~12月22日(日)


不透明な世界の中で、
絵筆で描くことでは表現できないことがあります。
本展では凹凸のあわいを模索する三人の現代作家を紹介します。

リトグラフを刷り重ね、観念的な立体版画を作り上げる小野耕石、
蜘蛛の巣や北欧の岩石を刷りとり、時や歴史を象る滝澤徹也、
石膏を型に、樹脂を流し込み、心や結晶を作る中谷ミチコ

東京美術学校の彫塑科を中退してフランスに渡った浜口陽三は、
限りなく銅の表面を細かく刻むメゾチントという技法に辿りつきました。
しんしんと寒い季節、浜口の柔らかな銅版画と共に、とらえられないものを求めて、その触感を実在化するように表現へ深くもぐりこむ、現代の静かな心の象形(息づかい)をご鑑賞ください。


会期
2019年10月5日(土)~2019年12月22日(日)

休館日
月曜日 (ただし 10/14、11/4、は開館 )、10/15 (火)、11/5(火)

開館時間
11時 ~17時(土日祝は10時開館)
いずれも最終入館閉館16時30分

料金
一般 600円(500円)/ 大学・高校生 400円(300円)/ 中学・小学生 無料
*( )内は20名以上の団体料金

ナイトミュージアム
会期中の第1・第3金曜日(10/18、11/1、11/15、12/6、12/20)は20時まで開館、最終入館19時30分

イベント 
ギャラリートーク
出品作家+谷川渥氏
10月19日(土) 17:00~18:00
        18:00~作家を囲んでレセプション
60名 入館料のみ 10/5(土)11:00より電話受付(開館時間中)
Noriyuki.「THE WORLD」8th SEASON
2019/10/1~2019/10/14

トップへ
RIO UMEZAWA個展「Time 回顧展ー7年前から今」
2019/9/17~2019/10/5
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.