トップ > 橋本六久 第6回個展「OUTSIDE STANDARD」
  

橋本六久 第6回個展「OUTSIDE STANDARD」

開催期間2019年10月15日(火)~2019年10月20日(日)
時間11:00-20:00 ※最終日は18:00まで
会場The Artcomplex Center of Tokyo
ホームページhttp://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT193/hashimoto_rokuhisa.html
住所東京都新宿区大京町12-9 2F
お問い合わせ先E-mail info@gallerycomplex.com  Tel. 03-3341-3253
橋本六久 第6回個展「OUTSIDE STANDARD」
橋本六久 第6回個展「OUTSIDE STANDARD」

単色での絵画制作を続けて十余年。その技法はあまりにも定石からかけはなれた異端なものであった。しかし、彼はあくまで自分の意思を押し通し、異端であり続けた。
全ては芸術の為に。
一局に集中し、研ぎ澄まされた橋本六久の技が作り出す彼だけの世界。
群緑と紺青で埋め尽くされた空間は、鑑賞する人間に何を訴えるのだろうか。

■ 会期
2019/10/15(火)-10/20(日)
11:00-20:00 ※最終日は18:00まで

■ 会場
The Artcomplex Center of Tokyo
160-0015 東京都新宿区大京町12-9 2F ACT3
TEL 03-3341-3253
E-mail info@gallerycomplex.com

■ webページ
http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT193/hashimoto_rokuhisa.html

■ 出展作家
橋本六久

文豪に傾倒する絵描き。故に、その作品の性質も文学的である。幼少の頃より絵に親しんでいたが、祖母の遺した言葉に誓い本格的に画道を歩む決心をする。
 二十一歳の時、オーバードーズによる自殺を試みるも、未遂に終わっている。
 この時、臨死体験を通じて見えた緑青の世界が、自身の作品テーマである無意識となる。それ以降、自身を微睡画家と名乗り、日本画顔料を使用し単色での作品展開を行っている。
 その絵画の性質は日本画のスタンダードからは著しく逸脱してはいるが、それ故に独自の技術と世界観を構築している。
 芸術の為の芸術とは何かという問いに対するこたえを模索し、今日も筆を振るう奇人。

2006 個展・毒電波放送局第一放送「I like it」@BABYLON/大阪
2010 個展・骨と骸は緑色@ギャラリーはねうさぎ/京都
2012 ジャパンアートフェスティバル@ニュージーランド
2014 個展・【これ】如是我聞【六久です】@Y ukiakari/滋賀
2016 個展・ユメミルオトコノコ@ヴァニラ画廊/東京
2017 コラボアート21 入選・審査員特別賞受賞@梅田スカイビル/大阪
2018 個展・心斎橋奇譚@ギャラリーパライソ/大阪
黒田阿未 個展「忘れられた場所で」
2019/10/15~2019/10/20

トップへ
ACT主催グループ展「INTRO 8 -コレクター 山本冬彦が選ぶ若手作家展-」
2019/10/8~2019/10/20
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.