トップ > トークセッション「いとうせいこうとめぐる都市の身体」
  

トークセッション「いとうせいこうとめぐる都市の身体」

開催期間2019年12月22日(日)~2019年12月22日(日)
時間15:00-17:00
会場アートエリアB1
ホームページhttp://artarea-b1.jp/archive/2019/12221500.php
住所大阪府大阪市北区中之島1-1-1 京阪電車なにわ橋駅地下1階コンコース内
お問い合わせ先E-mail mail@artarea-b1.jp  Tel. 0662264006
鉄道芸術祭vol.9 クロージング・トークセッション
「いとうせいこうとめぐる都市の身体」

日時:12月22日[日]15:00-17:00
参加費:1,000円(ワンドリンク付)
定員:80名程度(要事前申込/先着順)

ゲスト:いとうせいこう(作家/クリエイター)
    小沢裕子(鉄道芸術祭vol.9参加アーティスト)
    武田晋一(鉄道芸術祭vol.9参加アーティスト)
カフェマスター:木ノ下智恵子、久保田テツ、塚原悠也(アートエリアB1運営委員)

◎イベント詳細はこちらから:http://artarea-b1.jp/archive/2019/12221500.php
◎お申し込みはこちらから:http://artarea-b1.jp/ticket/

約2ヶ月間にわたって開催した、鉄道芸術祭vol.9「都市の身体」展のクロージング・プログラムです。ラップ、小説、詩、MC、演劇etc...さまざまなフィールドを横断しながら、言葉の表現に挑戦し続ける、いとうせいこう氏をスペシャルゲストにお招きし、展覧会場をフィールドに本展参加アーティストとのトークセッションを繰り広げます。会期終了直前に、新たな切り口で立ち上がるもうひとつの展覧会をぜひお見逃しなく。

◎鉄道芸術祭vol.9「都市の身体」展の詳細はこちらから:http://artarea-b1.jp/archive/2019/12291481.php

------------------------
同日開催イベント
------------------------
「光善寺駅カメラオブスキュラ」ツアー
2015年の鉄道芸術祭vol.5において、写真家のホンマタカシが京阪電車「光善寺駅」構内に設置した「光善寺駅カメラオブスキュラ」を特別公開します。カメラの仕組みの中に入り込み、カメラの原理となった光学装置を体感できるプログラムです。ぜひご参加ください。
日時:12月22日[日] 13:00ー14:30
参加費:1,000円(光善寺駅〜なにわ橋駅までの片道運賃含む)
受付場所:京阪電車「光善寺駅」改札口外
定員:各回10名程度(要事前申込・先着順)

 
主催:アートエリア B1【大阪大学 +NPO 法人ダンスボックス + 京阪ホールディングス(株)】
企画制作:大阪大学共創機構社学共創本部 21 世紀懐徳堂/ NPO 法人ダンスボックス
助成:芸術文化振興基金、公益財団法人 朝日新聞文化財団
協力:NANZUKA、京阪電気鉄道株式会社

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.