トップ > 「外国人と日本人がともに輝ける社会のために〜多文化共創による持続可能な社会開発」
  

「外国人と日本人がともに輝ける社会のために〜多文化共創による持続可能な社会開発」

開催期間2019年11月27日(水)~2019年11月27日(水)
時間19:00─20:30
会場アートエリアB1
ホームページhttp://artarea-b1.jp/archive/2019/11271514.php
住所大阪府大阪市北区中之島1-1-1 京阪電車なにわ橋駅地下1階コンコース内
お問い合わせ先E-mail mail@artarea-b1.jp  Tel. 06-6226-4006
鉄道芸術祭vol.9 メインフライヤー
ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭
「外国人と日本人がともに輝ける社会のために〜多文化共創による持続可能な社会開発」
日時:11月27日[水]19:00─20:30
会場:京阪電車なにわ橋駅「アートエリアB1」
料金:参加無料(定員50名程度、申込不要)
ゲスト:佐伯康考(大阪大学共創機構社学共創本部助教)
カフェマスター(進行):沢村有生(大阪大学共創機構社学共創本部21世紀懐徳堂特任研究員)
web:http://artarea-b1.jp/archive/2019/11271514.php
 
 現在アートエリアB1では、現代美術の企画展「鉄道芸術祭vol.9 都市の身体」を開催しています。(〜12/29まで)今回は、本展のテーマである”都市の身体”を語る上で、近年特に欠かすことのできない”内なる国際化”の視点でトークを繰り広げます。
 昨年10月末の厚生労働省のとりまとめによると、外国人労働者は146万人を超え、過去最多を更新しました。また政府は受け入れ拡大に向け新たな在留資格「特定技能」を創設。外国人の受け入れは、深刻化する人手不足の補填だけではなく、企業の技術革新や収益拡大を促すと期待されています。しかし一方で、移民排斥の風潮は世界的に拡がりを見せています。外国人と日本人が代替関係となって仕事を奪い合うのではなく、互恵的な補完関係となり、多文化共創を通じて日本社会が抱える社会課題を解決していくためには、一体なにが必要なのでしょうか?今回は、外国人労働者を中心とした国際的な人の移動について研究し、今年『国際的な人の移動の経済学』(明石書店)を上梓された佐伯康考さんをゲストに迎え、多文化共創の現状と課題について伺います。


【展覧会概要】
鉄道芸術祭vol.9
「都市の身体 ~外から眺める私たちの輪郭、遠くから聞こえてくる私の声~」 
会期:2019年10月26日 (土)─12月29日 (日)12:00-19:00
会場:アートエリアB1
入場料:無料
※月曜休館(祝日の場合は翌日)
※12月14日(土)─25日(水)は21時まで開館
※12/22(日)14:30-17:00はクロージングイベント開催のため展示はご覧いただけません
参加アーティスト:小沢裕子(日本/映像)
         Jompet Kuswidananto(インドネシア/インスタレーション)
         武田晋一(日本/彫刻、インスタレーション)
webページ:http://artarea-b1.jp/archive/2019/12291481.php

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.