トップ > ブエノス アイレス:大﨑のぶゆき
  

ブエノス アイレス:大﨑のぶゆき

開催期間2019年11月22日(金)~2019年12月8日(日)
休館月曜日
時間11:00〜19:00
会場Gallery PARC
ホームページhttp://www.galleryparc.com/exhibition/exhibition_2019/2019_11_22_osaki.html
住所京都府京都市中京区烏帽子屋町502 2F / 3F / 4F
お問い合わせ先E-mail info@galleryparc.com  Tel. 075-231-0706
展覧会DMイメージ
 Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]では、2019年11月22日(金)から12月8日(日)まで、大﨑のぶゆきによる個展 「ブエノス アイレス」を開催いたします。

 大﨑はこれまで、自身を取り巻く世界や認識への興味から「世界の不確かさ」について表現することを探求し、独自に素材や制作方法を開発しながら「イメージが消失する」現象やその過程から、現代社会を取り巻く不確かさの感覚を視覚化するような作品を発表してきました。また、近年はその不確かさや揺らぎを「未知なる可能性」として捉え・思考しており、作品には<過去/現在/未来>といった時間概念への注目を見て取ることができます。

 2019年の4月から約1ヶ月間、大﨑はブエノスアイレス(アルゼンチン)でのレジデンスに参加し、現地で生活する日系移民達の記憶や思い出についてリサーチを行ないました。かつて世界有数の先進国として栄えていたアルゼンチンですが、現在は危機的な経済状況にあり、その国情には多くの問題を抱えているといえます。しかし、地理・情勢など、一見して現在の日本とは大きく異なるように思えるこのアルゼンチンでの滞在を通じて、大﨑は「アルゼンチンは日本の未来ではないか」ということを感じ、そこに興味を覚えたといいます。

 本展は、「ある:ない」や「見える:見えない」といった正反対の視点を導入することで世界を捉えようとする大﨑が、「未来について」という興味を軸に、日本の真反対に位置するアルゼンチンでのレジデンスの中で得た「普通のこと」から「未来について」を思考するものです。それは「偶然と必然」、「ユニークピースとマルチプル」といった反対の構造を様々なピースで扱うことで、詩的かつ私的に紡がれるものとなります。しかし、鑑賞者においてこの作品は、それぞれの「過去/現在/未来」へと眼差しを向けるささやかな契機ともなるのではないでしょうか。

 また、会期中には「大﨑とブエノスアイレス」というキーに偶然に関わることとなった秋庭史典(美学者/名古屋大学准教授)氏と川松康徳(アーティスト)氏を交えたトークイベントを行ないます。それぞれが訪れたブエノスアイレスの所感を通して、そこにどのような「過去/現在/未来」を見たのかを伺い知ることができるのではないでしょうか。
明石市制施行100周年記念 冬季特別展「138億光年 宇宙の旅―驚異の美しさで迫る宇宙観測のフロンティア―」
2019/12/21~2020/2/2

トップへ
神田和也 新作版画展−lost image−
2019/12/23~2019/12/29
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.