トップ > 小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンへ
  

小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンへ

開催期間2019年12月21日(土)~2020年2月16日(日)
休館月曜日(ただし、1月13日は開館)、12月29日(日)~1月3日(金)、1月14日(火)
時間午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
会場岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ
ホームページhttp://www.cpm-gifu.jp/museum/01.top/index1.html
住所岐阜県多治見市東町4-2-5(セラミックパークMINO内)
お問い合わせ先E-mail museum.1@cpm-gifu.jp  Tel. 0572-28-3100
小村雪岱《青柳》木版多色刷 昭和16年(1941)頃 個人蔵
小村雪岱《月に美人》絹本着色 清水三年坂美術館
小村雪岱《盃を持つ女》絹本着色 清水三年坂美術館
泉鏡花『日本橋』装幀:小村雪岱 大正3年(1914) 千章館 清水三年坂美術館
並河靖之《藤に蝶図花瓶》七宝 明治時代 清水三年坂美術館
 大正から昭和初期にかけて装幀、挿絵、舞台美術など多岐にわたるジャンルに新風を吹き込み、大衆を魅了した小村雪岱(こむら・せったい/1887~1940)。いまその再評価の機運が高まっています。
 東京美術学校で下村観山に学び、卒業後に入社した古美術専門誌の國華社では古画の模写に従事しました。大正3年(1914)雪岱28歳の時、泉鏡花著『日本橋』の装幀を手掛け、その後、鏡花が言葉を紡ぎ、雪岱が意匠を与えることにより、多くの名作が生まれました。人気装幀家として活躍するなか、日本画家として画壇へ作品を発表し、発足まもない資生堂の意匠部で商品や広告のデザインにも携わりました。
 本展では江戸の粋を受け止め、東京のモダンを体現した「意匠の天才」である雪岱の作品を 中心とし、その「江戸の粋」の源流である鈴木春信から「東京モダン」への系譜を展示します。柴田是真の漆芸や並河靖之の七宝などの明治工芸の数々、さらには彼らの遺伝子を引き継ぐ現代作家の作品も併せて展示します。
尾崎伸江展 -モザイクの形ー
2020/1/6~2020/1/12

トップへ
シェル美術賞展2019
2019/12/11~2019/12/23
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.