トップ > 尾崎伸江展 -モザイクの形ー
  

尾崎伸江展 -モザイクの形ー

開催期間2020年1月6日(月)~2020年1月12日(日)
時間12:00~20:00 日曜日11:00~15:00
会場OギャラリーUP・S
住所東京都中央区銀座1-4-9第一田村ビル3F
お問い合わせ先0335677772
ビル山羊
島山羊
この度、銀座Oギャラリーにて下記展覧会を開催する運びとなりました。
是非、貴媒体にて展覧会情報を掲載して頂きたく、ご案内申し上げます。

展覧会名 :尾崎 伸江 展 ―モザイクの形―
会期  :2020年1月6日(月)~1月12日(日)
会場  :OギャラリーUP・S
住所  :東京都中央区銀座1-4-9 第一田村ビル3F
TEL・FAX:03-3567-7772
時間  :12:00-20:00 日曜のみ11:00-15:00

・略歴
1988年  東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業
1991年~ 壁画制作に従事
1994年  国際モザイク展(鎌倉芸術館)出品
1997年~2005年 モザイク展(池袋東京藝術劇場ほか)出品
2007年~2015年 モザイクビエンナーレ(アートフォーラムあざみ野 府中市立美術館)出品 
2009年3席 2013年2席

・作品 制作コンセプト
私は以前から東南アジアやインドの遺跡に魅力を感じていたので、アジア広域に伝わる動物の顔をした神の姿をモチーフにして作品を制作した。モザイク技法による表現は物理的にとても丈夫である。土に埋まっても雨に当たっても大丈夫。永い時間忘れられた遺構の片隅に「もしこれが有ったらどうだろうか。」と想像して作っている。

・展示内容 技法について
大理石やズマルト(モザイク用ガラス素材)を用いたモザイク技法による12~13点の小品展。サイズは28×28×30㎝~80×83×10㎝の壁に掛けるタブローがメイン。モザイク技法とは、大理石やガラスを割り台とハンマーで随意のピースに割り出し、それらをモルタルなどで固着する絵画の表現方法。
古代地中海沿岸の遺構や教会によく見られる。

・問い合わせ先
〒104-0061 中央区銀座1-4-9第一田村ビル3F 
TEL・FAX:03-3567-7772 Oギャラリー(大野宛て)
以上です。宜しくお願い致します。
にゃんこ展9 - meow exhibition vol.9 -
2020/1/5~2020/1/11

トップへ
小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンへ
2019/12/21~2020/2/16
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.